就 業 相 談

 

  

・・・就業までの流れ・・・
  Aさんの場合:無職
市町の広報を見て「母子家庭等就業・自立支援センター(県の委託事業)」の定期巡回就業相談の時に来所する。 本人は介護職を希望する。 センターでは、「介護職員初任者の資格を持って就職する場合と、持たずに就職する場合」について説明する。 「同上の資格を持っていた方が就職率が高い。また、国家資格を取る場合のメリットもある。〜例えば、研修課程での実務時間が免除される。」等を説明する。 Aさんは、「介護職員初任者の資格を取りたい。また、給与を得ながら勤務し資格を取りたい」とのこと。 センターでは、申込先(福井県福祉人材センター)へ連絡し、職員も同行する。〜手続きをする。・・・福井県福祉人材センターに登録している介護施設への面接。採用に至る。〜〜仕事をしながら、介護職員初任者研修を受けている。(現在)・・  

 Bさんの場合:○○社勤務
「介護職への転職を考えている。」と、来所。 当センターでは、Bさんが「現在の仕事をしながら資格を取りたい。」と希望したため、当センター主催の土・日開催の「介護職員初任者研修」を紹介。 当センターの研修は「受講料は無料」「無料託児付き」でもあるので、安心して研修を受けることできます、と説明。 Bさんは、当センターの研修を受け、期間中にいくつかの介護施設を紹介された。センターでは、Bさんが実習先での○○介護施設の就職を希望したため、施設に面接を依頼した。その後、面接の上、採用に至る。
 <詳しくは下記へお問合せ下さい> 
月〜金 9:00〜16:00  母子家庭等就業・自立支援センター
 TEL:0776-21-0733 福井県母子寡婦福祉連合会内